ミンネ「みつたま」新作:手漉き和紙ポチ包みセット(メッセージカード付)和文様

  • 2020.05.20 Wednesday
  • 22:08

JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨

 

ミンネのギャラリー「みつたま」に、新しい作品

 

手漉き和紙ポチ包みセット:和文様が登場しました!

 

 

手漉き和紙で作った小さいポチ包み2包と、


折形の草花包みを添えたメッセージカード付のポチ包みのセットです。

 

三つ折りにしたお札や、小さなアクセサリーなどが包めるサイズです。

 

 

 

 

 

和紙の歴史は古く日本書記によると西暦610年、聖徳太子の時代に

 

朝鮮の僧がその製法をつたえたと伝わるそうです。

 

(和紙の起源については諸説あるようです。)

 

 

日本独自の和紙が作られるようになり、よくテレビなどでも拝見する

 

「流し漉き」や薄くて強い和紙を作る技術など、

 

日本ならではの和紙の製法が発達したのが平安時代。

 

 

そして、鎌倉時代、武家の時代になって武家の贈答用の強い和紙が作られるようになり

 

折形という贈答の文化も生まれてきたそうです。

 

そして江戸時代になり、一気に庶民にも和紙が普及するようになりました。

 

 

和紙に包むというのは、相手への真心とともに、

 

長い日本の文化そのものも包まれているのですね。

 

 

心をこめて作られた手作りのポチ包みで、

 

大切な方へ思いを伝えてみませんか?

 

 

詳細はぜひ、ミンネのギャラリー「みつたま」をご覧ください。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Logo


©2019 Office Seimei

Logoモデルの花



花言葉:純粋な心

清明とは

「清き明き(あかき)心」と、中世神道や江戸心学でいいますが、明朗で曇りのない心、だそうです。 また、二十四節気の「清明」は、4月5日ごろと言われております。 春分から数えて15日目ごろになるそうで、2019年の清明も4月5日から始まります。 春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を省略したもので、 万物が若返り、清々しく明るく美しい季節。 この明るく澄んだ心をいつも持ちたいと願いを込めて、清明という名前を使わせていただいています。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM