遷宮の番組をみて

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 18:14

こんにちは、みさきです。^^

 

先日NHKオンデマンドで

 

「NHKスペシャル 遷宮 第一回 伊勢神宮〜アマテラスの謎〜」(2014年放送)

 https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2013053557SA000/

 

(視聴期限は2019年12月28日まで)という番組をみました。

 

遷宮を日本の神話や歴史から読み解いているほか、

 

奉納される装束や神宝などについても紹介されているとても面白い内容でした。

 

 

私も2013年の遷宮の際に伊勢神宮にお参りをさせていただいたのですが、

 

あのときの本当にとても言葉にはできない、

 

清らかで神聖な雰囲気を生き生きと思い出しました。

 

 

番組をみて驚いたのは、遷宮のたびに1500点以上の装束や神宝が、

 

20年ごとの遷宮のたびに全く新しく作り直されて奉納されるということでした。

 

 

遷宮の準備は8年前から始まるそうですが、各調度品の図面までも

 

専門家の方がゼロから手書きで書き直し、そして一つ一つのお品を

 

その道の超名人の方々が心血を注ぎ何年もかけて、

 

古代から今にいたるまで伝わってきたものと寸分の違いないものを、

 

全く新たに作り上げていくのです。

 

 

沖ノ島にある宗像大社の遺跡に初めて学術調査が行われたとき、

 

何万点におよぶ祭祀の遺品が出土したもののそれがなにであるかわからず

 

伊勢神宮に問い合わせたところ、ほとんどの祭祀遺品がなんであるかわかった、

 

というお話を聞いたことがあります。

 

 

なるほどこうやって、勢神宮では1300年にもわたって遷宮という儀式が

 

繰り返し行われ、当時の技術も生きた形で伝わっているからこそなんだ!

 

とわかりました。

 

 

あらためて伊勢神宮には古からの日本人の精神、心、文化の神髄が

 

伝えられていることを改めて教えてくれる番組でした。

 

 

神宮徴古館では、式年遷宮での御装束神宝の撤下品が展示されているそうです。

 

ぜひ、一度じっくりと実物を拝見してみたいと思います!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Logo



Logoモデルの花



花言葉:純粋な心

清明とは

「清き明き(あかき)心」と、中世神道や江戸心学でいいますが、明朗で曇りのない心、だそうです。 また、二十四節気の「清明」は、4月5日ごろと言われております。 春分から数えて15日目ごろになるそうで、2019年の清明も4月5日から始まります。 春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を省略したもので、 万物が若返り、清々しく明るく美しい季節。 この明るく澄んだ心をいつも持ちたいと願いを込めて、清明という名前を使わせていただいています。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM