• 2019.03.14 Thursday
  • 23:12

こんにちは! みさきです。

 

昨年、榊(サカキ)の苗をいただき、家で育てています。

 

ずっとサカキとは特定の樹木のことをいうのだとおもっていたのですが、

 

日本では昔から植物には神様が宿っていて、特に植物の先端は

 

神様が降りてくる場所と考え、冬でも葉っぱが落ちない常緑樹全般を

 

「サカキ」と呼んでいたのだそうです。

 

 

その由来にはいろいろな説があるようですが、冬でも青々とした葉を

 

茂らせている常緑樹に「永遠の生命」をみて、

 

「神様の世界」と「人の世界」の“境目に立つ木”だから「サカキ」となり、

 

神事に使われるようになったともいわれているようです。

 

 

漢字の榊という字も、たしかに「木+神」。

 

これは日本のオリジナルの漢字 「国字」で、その意味もまさに

 

「神事に使う木」というものとのこと。

 

 

今も地方によっては椿、杉など様々な木を「サカキ」と呼ぶこともあるそうですが、

 

私たちが一般的に目にするのはツバキ科の葉っぱが丸い「マサカキ(サカキ)」か、

 

葉っぱがギザギザしている「ヒサカキ」ですね。

 

 

今私が育てているのは、関東から北の地域で育ちやすいというヒサカキで、

 

本当に冬の間も元気に葉っぱをつけていて、先日、つぼみがついているのに気づきました。

 

 

毎日 水やりをしながら、花が咲くのを楽しみにしています!

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Logo



Logoモデルの花



花言葉:純粋な心

清明とは

「清き明き(あかき)心」と、中世神道や江戸心学でいいますが、明朗で曇りのない心、だそうです。 また、二十四節気の「清明」は、4月5日ごろと言われております。 春分から数えて15日目ごろになるそうで、2019年の清明も4月5日から始まります。 春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を省略したもので、 万物が若返り、清々しく明るく美しい季節。 この明るく澄んだ心をいつも持ちたいと願いを込めて、清明という名前を使わせていただいています。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM